やらない人とそれでもやってほしい人

なんで勉強しないの?

何で片づけないの?

なんで間違えたの?

なんでいちいち言わないとできないの?

なんで・・・・・なの?

よく子どもに言ってしまう言葉。

人によっては、部下や後輩に言ってしまう言葉かもしれないし、夫や妻、兄弟間だって言ってしまうかもしれない。

やった方がいいと思うこと、やってほしいこと。

子どもになら、こんなに何時間もゲームばっかりしてたら、同じくらい勉強しなさいよ。と思うかもしれない。

こんなにデスクが散らかっているなら仕事がしやすいよう片付けなさいよ。と後輩に思うかもしれない。

言われなくても普通気が付くでしょ?などなど。

あとでまとめてやるより少しづつコツコツやった方が絶対いいに決まっているのにやらない。なんでなのよーーーーーー?と思うことがある。

相手にやらない理由を聞いて、果たして自分の望む答えが返ってくることはあるだろうか?

多分ない。言い訳が返って来て、さらにイライラするかもしれない。

勉強しない理由なんて、自分にはわからないもの。ゲームしてる方がずーっと楽しいし。

将来困るって?将来なんてなってみないとわからないし。

自分のわかるように置いてるから、片づけられると逆に困るんですけど。

今やろうと思ってたのに、先に言われたらやる気なくすわ。とか

とりあえず、今困ってないからー大丈夫!

多分こんな感じに思っているんじゃないかな?

困ってない。

いつか困るかもしれない。

でも今困ってない。

わからない。

やらない理由はこれなんだと思う。

やればできるのにやらない。

やってほしい。

それならば、こちらは待つだけ。

『やってね』という一言だけでいい。

それでもやらない人はやらないけれど。

怨念を込めてはダメで、軽く、ニコニコしながら『ゲームばっかりじゃなくて勉強もするんだよ~』とか『片づけた方が仕事はかどるよ~』とか言ってみる。

でもやらない人はやらないけど。

もしやらないのが自分の子どもなら、やるって言ってたのにやらないからゲーム捨てといたよ!とやるだろう。

できるのにやらないから~

できるのに~

残念だったね~(笑)

と笑いながら実行する。勉強するように頭を悩ませたり、代わりに方付けたりなどいたしません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク